記帳代行のプロなら複雑な記帳作業を安心して任せられる

SITEMAP

パソコンと書類

面倒な記帳の問題解決のためには記帳代行を利用するのも一つの手

OKポーズの眼鏡会社員

起業したての事業者にとって、日々の経理業務の処理は悩みの種といえます。特に顧問税理士や経理担当の社員が不在の場合には、大変な雑務になるでしょう。こういった事業者は、記帳代行を導入して問題解決に取り組みましょう。
記帳や記帳の保存は一部の人にだけ課せられていた義務でしたが、平成26年の税法改正によって、すべての白色申告者に記帳と記帳保存の義務が課せられました。そこで税理士さんを顧問にしたり、経理担当の社員を雇用したりすることが必要となり、事業者さんにとってはかなりの負担になっていました。
しかし、アウトソーシングとしての記帳代行サービスを利用することで、これらの事業者の負担を軽減することができます。記帳代行のサービスには記帳の作業の手間が省けるほか、上に述べたように税理士さんを顧問に迎えたり、経理担当者の雇用をしなくてもいいというコストダウンのメリットもあります。さらに記帳代行は記帳の専門家なので作業が迅速で正確でもあります。また、経理担当者を雇用すれば人材の変更が難しくなりますが、記帳代行サービスならいつでも変更できるというメリットがあります。また税理士資格ある記帳代行サービスなら税務申告なども請け負ってもらえます。
現在記帳の問題を抱えている事業者は記帳代行サービスの利用も考えてみることをおすすめします。